SAM™ Coaxial Studio Monitors

その優雅なルックスからは想像がつかないかもしれませんが、パワフルなこの3ウェイ・モニターは、リスナーの耳がこれまで体験したことのないサウンドを提供します。

従来のモニター・スピーカーでは、スイート・スポットのために特定の位置に座ることを強要され、頭の位置を変えることも許されませんでした。そのため、ポイント・ソース・モニターが長年にわたってラウドスピーカー・デザインの至高の目標とされてきました。ですが、適切にデザインされていないポイント・ソースにはデメリットもつきものでした。例えば、周波数帯域の制限、低SPL、むらのある分散、歪を生じさせる不連続などです。

The Onesシリーズは、妥協のない3ウェイ同軸モニターです。制作でより迅速で一貫性のある判断を促進するだけでなく、リスナーの疲労感の原因となる不自然なイメージングを最小限に抑えるため、従来のスピーカーに比べて長いリスニング時間が可能。分散は、内蔵の大型ウェーブガイドとデュアル・ウーファー・デザインにより、非常に広い周波数帯域において制御されます。

そして、スピーカーは室内での配置に応じてスペクトルのバランスが変わるため、配置後にキャリブレーションを行う必要があります。キャリブレーションは、GenelecのGLM™アプリケーションを実行するMacまたはPCを、SAM™モニターに接続するだけで実行できます。GLM™には、数十年分に及ぶデータを基に構築された専門のアルゴリズムが含まれており、これまでであれば容認し得ない条件下であっても円滑なリファレンス・リスニングを実現します。

正確なイメージング、広範な周波数特性、短〜中程度のリスニング距離、長時間の快適な作業を必要とするあらゆる用途に対して、このコンパクトな3ウェイ同軸モニターは優れた選択肢を提供します。



Genelec


「バランスが良いことに加えて、曲を作っている時の“テンションを上げてくれるサウンド”もしっかりと出てくる」―『機動戦士ガンダムUC』や『進撃の巨人』などの音楽を手掛け、世界にその名を轟かせる作曲家・澤野弘之氏。その楽曲が生み出されるプライベート・スタジオではGenelecが活躍。作品作りに貢献するそのサウンドについてお聞きしました。

澤野弘之ストーリーを読む



RAW


完璧なサウンド、惚れ惚れするルックス。唯一の魅力をたたえたスピーカー ― Genelecの哲学である「サステナビリティ」をこれ以上にないほど反映したRAWフィニッシュが遂に登場! スタジオ、設備音響、そしてホーム向けのスピーカーの一部にラインナップされます。

RAWフィニッシュの詳細



Smart IP


GenelecのSmart IPテクノロジーは、卓越した高音質オーディオ、電源供給、そして洗練されたスピーカー・マネージメントを1本のCATケーブルで扱え、比類のない柔軟性、費用対効果および設備の簡素化を実現。レコーディング・スタジオ譲りのサウンドを、音質とデザインを重視するライブハウス、美術館、店舗、企業など様々な設備に提供します。

Smart IP設備スピーカーの詳細



GLM Studio


制作空間の自動キャリブレーションを可能とするGLM Kit、ボリューム・コントローラー9310、そして8320または8330のステレオ・ペアを1パッケージにした特別なバンドル・モデルが登場。本パッケージで、バジェットをセーブしつつSAMシステムのアドバンテージを即座に利用でき、室内音響の影響を補正して最適なステレオ・モニタリング環境を手に入れることが可能です。

8320APM GLM Studioの詳細8330AP GLM Studioの詳細



Licaxxx x Genelec


DJ/パーソナリティ/エディターなど多方面で活躍するLicaxxx。電子音楽授業で出会ってからGENELEC一筋と語る彼女に、音楽歴やDJスタイル、そしてサウンドの魅力を伺いました。

Licaxxxストーリーを読む