GLM™

MacまたはPCを用いてGenelecモニター・システムの設定/キャリブレート/コントロールを行うGLMソフトウェアは、最適な音響環境を作り出せることが評判となり、発表以来数多くのオーディオ・プロフェッショナル達に愛用されてきました。最新バージョンGLM3は、クラウド機能(ベータ版)、基準レベル・モニター機能のほか、音響補正に関する優れた新機能を数多く搭載しています。かつてないほどパワフルなGLMの誕生です。GLM 3の日本語ドキュメントは近日公開予定です。

GLM 3 - SAM

他のシステムで鳴らすとミックスのバランスが変わってしまう、という問題を抱えていませんか?それは、お使いのモニターとスタジオ環境が作り出す周波数レスポンスに問題があるのかも知れません。優れたミックスを作るには、フラットで滑らかな周波数レスポンスが必要なのです。

Genelec SAMモニターおよびサブウーファー製品ファミリーは小型の8320から巨大なフラッグシップ1236Aまで幅広いラインナップを誇り、いずれのモデルにも最新のDSP回路が搭載されています。GLM3はこの内蔵DSPと密接に統合されたソフトウェアです。リファレンス・マイクロフォン・キットを用いてリスニング・ルームの室内音響を解析し、GLM3 AutoCal機能にて各モニターのレベル、距離による遅延、サブウーファーのクロスオーバー位相、ルーム・レスポンス・イコライゼーションなどの補正処理を行います。細かな微調整を手動で行うことも可能です。室内音響の影響を最小限に抑えることで、Genelecモニターは無双のリファレンスを提供します。他の環境で再生してもミックスのバランスが大きく変わることはありません。

既存のユーザーを含むすべてのGenelec SAMユーザーは、最新バージョンのGLM3を無料でダウンロード可能です(下記リンク参照)。

SAMモニターでGLMソフトウェアを使用するには、Genelecネットワーク・アダプター・キット(8300-601)が必要です。キットにはGLMネットワーク・アダプター、8300Aキャリブレーション・マイクロフォン、マイク・ホルダー、USBケーブル、クイック接続ガイドが同梱されます。ネットワーク・アダプターは付属のUSBケーブルでMacまたはPCと接続します。SAMモニターとはEthernetケーブル(各SAMモニターに付属)で接続します。

Windows用GLMバージョン3

Mac用GLMバージョン3

GLM3は、古いGenelecモニターの遠隔操作ができません。古いモデルをお使いの場合は、リア・パネルのDIPスイッチにて周波数レスポンスをフラットに設定してください。詳細はユーザー・マニュアルをご参照ください。

Windows用GLMバージョン2

Mac用GLMバージョン2

GLM

  • 最大45台のSAMモニターおよびサブウーファーの管理とコントロールできます。
  • ステレオ、マルチ・ステレオ、マルチチャンネルまたは3D immersive audioなど、あらゆるフォーマットのシステムをすばやく簡単に作成できます。
  • 複数のGenelecモニターの最適化、統合、切り替えが可能です。作業環境を最大限に活かすことができます。
  • ニュートラルな再生を可能にするAutoCalを使用できます。レベル、遅延、クロスオーバーによる位相の補正やルーム・レスポンス・イコライゼーションにより、正確で安定したサウンド・イメージを得ることができます。
  • サウンドを最適に保ちつつ好みのレスポンスに調整が行えます。
  • GLMファイルをGenelecクラウド・サポート窓口に送信し、オンラインでのサポートやアドバイスを受けることができます。
  • ATSC A/85やEBU R128などラウドネス標準に基づいたリスニング・レベルのキャリブレートが可能です。ラウドネス計測に必要とされる高品質なモニター・コントローラーや計測用ツールは不要です。
  • GLMクラウド・サービスをいつでもどこでも受けることができます。バックアップ機能や最新のソフトウェア・アップデートに簡単にアクセス可能です。
  • GLMマスター・フェーダーは相対dBまたは絶対SPLスケールに対応します。外部有線/無線ボリューム・コントローラーの使用も可能です。
  • 複数のリスニング・ポジションでのキャリブレーション設定を個別に保存し、作業中にすばやく切り替えることができます。
  • カスタマイズしたレスポンス・カーブやアナログまたはデジタル入力の設定を作成/リコールできます。
  • 再現性と一貫性をかね備えたパフォーマンスをお楽しみください。あらゆる制作環境で正確なモニタリングを提供します。
  •