Press Release

GLM 4

株式会社ジェネレックジャパン(代表取締役:村井幹司、本社:東京都港区)は、世界中のスタジオから高い支持を獲得するフィンランドのスピーカー・ブランド、Genelec社が開発するオーディオ・モニターのセットアップ/キャリブレーション/コントロールを一括して行うことのできるソフトウェア「GLM™(Genelec Loudspeaker Manager)」の最新バージョンとなるGLM 4の提供を、日本時間の本日12月16日(水)AM3:00より開始いたします。

今回のメジャーアップデートでは、新たにエレガントなユーザー・インターフェースを採用。Mac OS Catalinaへの対応を始め現在のスタンダードな環境への適合を果たしたほか、日本語を含む全7ヶ国語の言語をサポート致しました。また、ユーザーの創造性を解き放つ数々の新機能は、再生環境やシステムによって生じる変化に対して柔軟に対応することを可能とし、GLM 4を一貫したミックスを生み出すための強力なソリューションとしています。

なお、GLM 4はSAM™システムにてご使用いただけます。入手につきましては、www.genelec.jp/glm/内のフォームに必要事項をご記入いただくことで、無料でダウンロードが可能です。


GLM 4の詳細

GLM 4の画面


GLM 4
詳細ページ

【システム要件】●Cloud AutoCalを使用する場合:Windows 10(64bit)、mac OS 10.11 – 11.0.1(Intel CPU)、mac OS 11.0.1(Apple Sillicon CPU、要Rosetta)●Local AutoCalパッケージを使用する場合:Windows 10(64bit)、mac OS 10.11 – 11.0.1(Intel CPU)●ディスクスペース:2GB以上●インターネット接続:次の動作には、要インターネット接続 (1) ソフトウェアのダウンロード (2) Cloud AutoCalを使用するキャリブレーション* (3) Local AutoCalパッケージを最初使用する際のマイク・キャリブレーション・ファイルの自動取得 *インターネットに接続されていないコンピュータでは、Local AutoCalパッケージのインストールでGLM 4が利用可能
【使用可能なSAM™システム(生産完了品含む)】●8200モニター・ファミリーを含むSAM™モニター・モデル:8240A、8250A、8260A、●8300モニター・ファミリー:8320A、8330A、8340A、8350A、8331A、8341A、8351A、8351B、8361A、W371A●8400モニター・ファミリー:8430A●1000&1200モニター・ファミリー:1032C、S360A、1237A、1238A、1238AC、1238CF、1238DF、1234A、1234AC、1235A、1236A●SEシステム:SE7261Aサブウーファーと併用した場合の8130A●7200ファミリー:7260A、7270A、7271A●7300ファミリー:7350A、7360A、7370A、7380A、7382A


※GLM 4の使用には、GLM Kitが必要となります。

GLM Kit(8300-601)
オープン・プライス

GLM Kit

●パッケージ内容:GLM™ ネットワーク・アダプター、USBケーブル、Genelec 8300A キャリブレーション・マイクロフォン、マイク・ホルダー(3/8インチ、5/8インチ用)


GLM 4の新機能

長年にわたって世界中から集められた
膨大なデータを元に開発された高度なキャリブレーション

長年にわたって世界中から集められた膨大なデータを元に開発された高度なキャリブレーション

GLM 4は、数十年にわたり世界何千のスタジオから集めた研究データをもとに開発されています。

GLM 4はSAM™システム内蔵のインテリジェントなDSP ハードウェアと緊密に連携。各モニターおよびサブウーファーはネットワーク経由で接続/管理され、ユーザーの音響環境に合わせて個別にキャリブレートすることが可能です。モノラル/ステレオのシンプルなシステムから、最大80台以上のモニターとサブウーファーを含むイマーシブ・オーディオ・レイアウトまで、さまざまな再生システムをサポートします。

また、GLM リファレンス・マイクロフォン・キットを用いて正確に測定した室内音響特性に基づき、GLM AutoCal 機能が各モニターおよびサブウーファーのレベル、ディレイ、サブウーファーの位相、ルーム・レスポンスのイコライジングを自動的に最適化します。

加えてGLM 4では、Genelec Cloudコンピューティングサービスを使用してAutoCalを実行し、常に最新の補正アルゴリズムを適用することを可能としています。


現在スタンダードのOSに対応
日本語を含む全7ヶ国語をサポート

現在スタンダードのOSに対応日本語を含む全7ヶ国語をサポート

GLM 4は、mac OS Catalinaを始めとした、現在スタンダードのOSに対応、またインストール時のデフォルト言語となる英語に加え、日本語、中国語、フィンランド語、ドイツ語、韓国語、スペイン語の表示に対応します。また、ダーク・テーマ、ライト・テーマにも対応するなど、これまでで最もユーザー・フレンドリーなGLMとなっています。


インスピレーションを刺激する
直感的かつエレガントなユーザー・インターフェース

インスピレーションを刺激する直感的かつエレガントなユーザー・インターフェース

GLM4は、直感的かつ簡単な操作を可能とする新しいユーザー・インターフェースを採用しています。

エレガントなそのデザインは、フィンランドを代表する世界的デザイナー、Harri Koskinen氏との共同開発によるもの。六角形を採用したデザインはモニターの配置やレイアウト作成も自由自在で、シンプルなステレオから5.1chサラウンド、さらには3Dイマーシブオーディオにいたるまで簡単に拡張することが可能です。


無制限のマルチ・ポイント測定ポジション

マルチ・ポイントによる測定はこれまで最大4ヶ所での測定となっていましたが、GLM 4では無制限でのマルチ・ポイント測定をサポート。最初の第一ポジションでの測定終了後、ユーザーの必要に合わせて追加ポジションでの測定を無制限に行えることで、より理想的なキャリブレーションを行うことも可能となっております。


GLM 3セットアップ・ファイルのインポートにも対応

既存のGLM 3で作成したセットアップ・ファイルは、GLM 4にインポートすることができます。これまでの測定を無駄にすることなく、GLM 4を導入することも可能です。



Genelecについて

Genelecのミッションはサウンドをできるだけ忠実に再現することで、お客様の夢を叶える手助けをすることです。Genelecは1978年以来、高品質のスタジオ・モニターおよびアクティブ・スピーカーを開発し続けております。他の追随を許さないGenelecの研究開発への取り組みは、数々の業界初となる製品を生み出し、アクティブ・モニターで業界を牽引する存在として活躍しています。株式会社ジェネレックジャパンは、日本のお客様に対するサービスとサポートをさらに強化し、Genelecブランドおよび革新的技術を皆様にご紹介しています。
もっと詳しく


本プレスリリースに関するお問い合わせ

株式会社ジェネレックジャパン 担当:浅田

〒107-0052 東京都港区赤坂2-22-21 email : press@genelec.jp


関連製品