1032C SAM™

名機1032が、高SPLのSAM™モニターとしてアップグレード。

1032Cは、高SPLでコンパクト・サイズの2ウェイ・ニアフィールド・モニターです。伝説の1000シリーズに多数の新しいGenelec技術を融合させました。
 
前モデルと同じドライバーと評価の高いオーディオ特性全てを継承した1032Cは、最新のSAM™テクノロジーによりアップグレードされています。デジタルI/Oが追加され、ユニバーサル電源とパワフルなクラスDアンプにより、すでにパワフルだった歴代モデルに比べて、1032CのSPLはさらに向上し、低域も拡大しています。
 
1032の旧バージョンには、レスポンス調整を行うためのDIPスイッチがリアパネルに搭載されており、リファレンス・モニターを室内に配置する際に毎回実行する必要がありました。 1032CにもDIPスイッチが搭載されていますが、最新鋭のGenelec GLM™ソフトウェア・アプリケーション(MacおよびPCで使用可能)を使用してレスポンスを調整するオプションが追加されています。GLM™はまた、多様なSAM™モデルを使用してさまざまな規模のモニタリング・システム構築の機会も提供します。また、システム使用時にモニターをミュート、ソロ、切り替えすることができます。SAM™デバイスの最新世代である1032Cにはまた、ディレイ・アラインメント、ビデオ補正ディレイ、レベル・キャリブレーションといった機能や、自動で電源をオフにしたりオンにしたりする入力検出機能(ISS™)も搭載しています。
 
1032Cは、ハイエンドの音楽制作、ポストプロダクション、放送で働くプロフェッショナルにとってパーフェクトな選択肢です。

オープン・プライス(想定価格:税込327,800円前後/1基)


RAW


完璧なサウンド、惚れ惚れするルックス。唯一の魅力をたたえたスピーカー ― Genelecの哲学である「サステナビリティ」をこれ以上にないほど反映したRAWフィニッシュが遂に登場! スタジオ、設備音響、そしてホーム向けのスピーカーの一部にラインナップされます。

RAWフィニッシュの詳細



Smart IP


GenelecのSmart IPテクノロジーは、卓越した高音質オーディオ、電源供給、そして洗練されたスピーカー・マネージメントを1本のCATケーブルで扱え、比類のない柔軟性、費用対効果および設備の簡素化を実現。レコーディング・スタジオ譲りのサウンドを、音質とデザインを重視するライブハウス、美術館、店舗、企業など様々な設備に提供します。

Smart IP設備スピーカーの詳細



GLM Studio


制作空間の自動キャリブレーションを可能とするGLM Kit、ボリューム・コントローラー9310、そして8320または8330のステレオ・ペアを1パッケージにした特別なバンドル・モデルが登場。本パッケージで、バジェットをセーブしつつSAMシステムのアドバンテージを即座に利用でき、室内音響の影響を補正して最適なステレオ・モニタリング環境を手に入れることが可能です。

8320APM GLM Studioの詳細8330AP GLM Studioの詳細



Licaxxx x Genelec


DJ/パーソナリティ/エディターなど多方面で活躍するLicaxxx。電子音楽授業で出会ってからGENELEC一筋と語る彼女に、音楽歴やDJスタイル、そしてサウンドの魅力を伺いました。

Licaxxxストーリーを読む



DJ DARUMA & JOMMY


iFLYER連載「アーティストが聴くGENELEC」の第三弾は、DJ DARUMA & JOMMY氏。「GENELECはフラットで立体感がありつつ音圧もある良いスピーカーの一言に尽きます」と語ります。

DJ DARUMA & JOMMY記事を読む


技術仕様

SPL
114 dB
周波数特性
33 Hz - 23 kHz (-6 dB)
周波数特性の精度
± 2.5 dB (40 Hz - 20 kHz)
ドライバー寸法
ウーファー10インチ + ツイーター1インチ・メタル・ドーム + DCW™
アンプ出力
ウーファー250 W + ツイーター150 W
外寸
H 495 x W 320 x D 290 mm
質量
17 kg
接続
1 x XLRアナログ入力、1 x 入力 / 1 x 出力XLRデジタルAES/EBU、2 x RJ45コントロール・ネットワーク