F Two

GenelecのF Twoは、低音域を27Hzまでナチュラルに拡張する150Wの強力なパワーアンプを搭載したアクティブ・サブウーファー。内臓のベース・マネジメント機能とアクティブ・クロスオーバーにより2.1chから5.1chまで、最大5台のGシリーズ・アクティブ・スピーカーを接続できます。

F Twoアクティブ・サブウーファーを使用すれば、迫力ある映画、リッチなオーケストラ、そして重低音が効いたクラブ・ミュージックまで、レコーディング・スタジオで圧倒的なシェアを誇るGenelecのサウンドがご自宅で体感できます。

オーディオ・システムの低音域を27Hzまで拡張可能でき、特別にデザインされた150Wの強力な内蔵パワーアンプにより最大音圧出力は102dBを誇ります。2.1chから最大5.1chまでのベース・マネジメント機能とアクティブ・クロスオーバーが内蔵されており、85Hzを下回る周波数帯域をサブウーファーに、それを上回る周波数帯域をメインのアクティブ・スピーカーに出力できるためチャンネル・デバイダーは不要です。そして、レベル調整、位相コントロール、ベースロールオフ、自動保護機能、自動スタンバイ・モードISS™といったプロフェッショナルな機能も搭載。さらに、オーディオ・システム全体のボリュームや電源オン/オフをコントロールできるリモコンも同梱しています。

サウンド・クオリティだけでなく、インダストリアル・デザイナーのハッリ・コスキネン氏が手がけたエレガントでミニマルなデザインも魅力です。性能とデザインを両立したF Twoは、Gシリーズ・アクティブ・スピーカーに理想的なアクティブ・サブウーファーです。

<ホワイト>:オープン・プライス(想定価格:税別160,000円前後/1基)
<ブラック>:オープン・プライス(想定価格:税別160,000円前後/1基)

Made in Finland


VGP2019


Genelec 8330、8320、G One、G Twoが日本最大級のオーディオ・ビジュアル・アワードVGP2019 SUMMERでダブル受賞。VGP2019事務局は「一般リスナーに対しても優れた音楽体験を約束するプロダクトとしてこの度受賞となりました」と述べています。

受賞の詳細



ADI-2 DAC Studio


GenelecとRMEがコラボレーションして誕生した究極のホーム・オーディオ・システム「ADI-2 DAC Studio」が登場。本パッケージを開けた瞬間からプロ・スタジオ・クラスの再生環境をお楽しみいただけます。

ADI-2 DAC Studioの詳細



NEW F series


接続性、パフォーマンス及び機能的に主要なアップデートを果たした新しいFシリーズを発表。

新しいFシリーズの詳細



The Ones


Stereo Sound ONLINEにて和田博巳氏による「アンプ内蔵型小型3ウェイがもたらすシンプル&高音質ハイレゾ再生スタイル構築」が掲載。

記事を読む


技術仕様

SPL
102 dB
周波数特性
27 Hz - 85 Hz (-6 dB) / LFE 27 Hz - 120 Hz (-6 dB)
ドライバー寸法
8インチ
アンプ出力
150 W
外寸
H 300 x D 362 mm
質量
9.8 kg
接続
5.1 x RCAアナログ入力/出力、2 x XLRアナログ入力/出力